20120726 Sagitta900 製作その5 生地完

本日、なんとかほぼ生地完までたどり着きました。仮組みしてみると、やはり美しい機体です。木質系グライダーの機能美の極致!
e0164065_22575552.jpg




上面プランク前のリブ組みの状態です。
e0164065_2323914.jpg

トラスリブの状態が良く解ります
e0164065_232461.jpg

e0164065_2325337.jpg

ウエブは強度確保のため、フラッター防止の為、翼端まで入れました。
e0164065_233086.jpg

上面プランク後、翼端ブロックの加工に入ります。さーてどーしますか?
e0164065_2331174.jpg

ひたすら削る事数時間、山の様なクズが出ますが、やっとイメージ通りの形になってきました。
e0164065_23112458.jpg

翼端は少しカールアップさせ、失速特性の改善をねらいます、
e0164065_2311325.jpg

主翼後端はスプルースをナイフエッジの様に鋭く加工しました。
高校時代に工芸同好会でカンナの使い方を教えてもらった事が役に立ちました、
e0164065_23114069.jpg

生地完後の仮組み。なーんか それらしく出来上がっています
e0164065_23114747.jpg

水平尾翼の後端もナイフエッジの様に研ぎすまされています。端面を硬い材質で覆い鋭くするアイデアは日本刀の技術でもありますが、その合理性を実感。
e0164065_23115564.jpg

上面から見ると、胴体後部の細さがサギッタならではのデザイン。うーん美しい
e0164065_2312277.jpg

これからが細部の調整と補強作業に入りますが、さーてどーする?まだまだ手間がかかりそうです。
[PR]
by cumic | 2012-07-26 23:30 | グライダー


<< 20120730 京都の酒処 20120722 大仏杯サーマ... >>